愛知県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「愛知県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

愛知県のカイロプラクティック・整体院

「愛知県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


関節痛の指圧

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛になると、気になってくるものの1つに、街のあちこちで目にする「鍼・灸・マッサージ」の看板がありませんか?
鍼・灸・マッサージで本当に気持ちよくなるのか?関節痛の痛みは取れるのか?たとえ関節痛でなくて気になるでしょう。
あきらかに体調が悪い場合には病院へ行く人がほとんどでしょうが、病院へ行くほどの痛みではないというような症状の場合、近所の接骨院や鍼灸院へ行く人も多いと考えます。

 

東洋医学において、人間にあるツボの数は2000以上といわれています。
全て覚えることは出来ないにしても、関節痛に効くツボを理解すれば、暇なときなどに押すことが出来便利だとは思いませんか?
もちろん勉強をしていなければ、ツボの場所はわからないことでしょう。

 

ツボの見つけ方は、実際にさわってみることから始めます。
硬くしこりになっていて押してみて気持ちいいと感じた箇所が、あなたのツボというわけです。
あまり強く押さないようにして1箇所につき1〜2分程度押すようにしてみましょう。
ツボを押すのに効果的なのは、お風呂上りの身体が温まっているときです。

 

ツボを押す際に気をつけなければならないことは、骨の上を押さないことです。
骨ではなく骨の両脇の筋肉を押すようにします。
また関節部分が炎症をおこしている場合や熱がある場合などは指圧やマッサージ行わないようにしましょう。

 

ツボを押す場合には親指の腹で押すのがベストですが、うまく押せない場合には手のひらで軽く押しても効果があります。
最初は自分が一番気持ちがいい方法で行うようにしてみましょう。


慢性関節リウマチ

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

慢性関節リウマチは、手や足の指の関節から始まる関節痛の病気です。
突発的なものはなく、多くはじわじわと始まるのが特徴です。

 

初めは身体がだるい、食欲がない、疲れやすい、手足がしびれて力が入らないなどの症状が現れます。
手足の痛みは特に朝がひどく、こわばっている状態が続きます。

 

リウマチは、痛みが身体のあちらこちらに流れ動く病気といわれている通り、初めは手足の指だけでも必ずといっていいほど、他の関節もおかされてきます。
そのうち、全身の関節痛や腫れの症状もあらわれます。
よって、関節リウマチは単に1箇所の関節痛ではなく、全身の病気と考えたほうが良いとされています。

 

慢性的になると、熱が出たり、貧血になったりすることもあります。
これは、慢性関節リウマチが合併症を伴いやすい病気だからです。
関節痛の炎症が長期にわたって続くと、次第に指の関節が破壊されてくるため、指が短くなったり、関節が変形したりします。

 

しかし、この病気はみなが同じ症状になるわけではありませんから、自分のリウマチがどのタイプかを知って、上手につきあわなくてはなりません。
普段から身体を冷やさないように気をつけたり、冬場は使い捨てカイロなども活用して、関節をあたためましょう。

 

慢性関節リウマチは、血液検査やレントゲンで発見できます。
もし慢性関節リウマチと診断されても、現代の医学の進歩により適切な治療をすれば、進行を防いで痛みを抑えることもできます。
一人で悩まないで、医師の診断を仰ぎましょう。


人工関節置換手術を受ける前に気をつけること

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

どのような病気でも同じですが、手術を受けるには体力をつけておかなくてはいけません。
体力をつけておけば、免疫力も高まり、手術後の回復力が早くなるからです。

 

関節痛における人工関節全置換手術においても同じことがいえます。
手術を受ける決心をしたら、筋力をつけるべく、ストレッチなどをして筋力を維持させておきましょう。
体力をつけるだけではなく、手術後のリハビリを効率よく進めるためにも重要なことです。
もちろん、その際は自己流ではなく医師の指示に従います。

 

また、普段飲んでいる薬は必ず医師に伝えておきましょう。
特に関節痛によく処方される消炎鎮痛剤があります、これは出血の原因にもなるので手術の1週間前には飲むのを止めておく必要があります。
他に常備して飲んでいる薬に関しても全て医師に報告しましょう。
手術時の麻酔と組み合わせの悪い薬の場合は、手術を受けることが出来なくなり関節痛からの開放とはいきません。

 

膝や股関節の人工関節置換手術を受ける方は、体重の管理にも気をつけておかなければなりません。
太りすぎていては、人工関節の劣化を早めてしまいます。
再手術を避けるためにも、標準体重に近づけるように食生活には十分気をつけましょう。

 

軽い運動(リハビリ)や体重管理などは、手術前だけではなく、手術後にも続けていかなくてはいけないものです。
手術を受ければ、何もしなくていいわけではありません。