しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

「しびれはカイロプラクティック・整体院で治す」へようこそ

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

「しびれはカイロプラクティック・整体院で治す」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


しびれはどうして起きる?

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

しびれはどうして起きるのでしょうか?
神経が原因していることが考えられますが、手、指、指先、足などがしびれる症状が出る病気というものは数多くあります。
どのような病気・症状であっても同様ですが、診断・検査等を行わないで、しびれの症状が出ていることから、これが原因でこの病気であると断定することはできません。
神経が原因であると考えられる場合、以下のように様々な病気である可能性があります。

 

転移性脊椎腫瘍、急性腰痛、黄色靭帯骨化症、大腿骨頭壊死症、胸郭出口症候群、肩腱板損傷、腰椎症、外反母趾、変形性股関節症、頚椎椎間板ヘルニア、リウマチ性脊椎炎、肘部管症候群、骨粗鬆症による脊椎骨折、脊椎分離すべり症、肩関節周辺炎

 

腰椎椎間板ヘルニア、頚椎ねんざ、破壊性脊椎症、上腕骨外側上顆炎、腱鞘炎、骨粗鬆症、脊柱靭帯骨化症、閉塞性動脈硬化症、変形性脊椎症、脊柱湾曲異常、骨粗鬆症による大腿骨頚部・転子部骨折

 

脊椎変性すべり症、痛風、変形性膝関節症、結核性脊椎炎、腰部脊柱管狭窄症、脊椎分離症、手根管症候群、変形性肘関節症、骨粗鬆症による上腕骨外科頚骨折、強直性脊椎炎、化膿性脊椎炎、頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎症、頚肩腕症候群

 

このように、神経が原因していると考えられる病気は数多くあることから、適切な病院にて検査・診断等をしっかりと行うことが重要となります。
病院は整形外科でも問題ありませんが、脳神経外科等も関連する可能性がありますので総合病院のほうが診断が早いかもしれません。
整形外科であっても、検査等によって整形外科以外と判断した場合には紹介状を書いてくれますので安心です。


指や手足のしびれの原因を探る

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

指や手足のしびれの原因には何があるのでしょうか?
一口にしびれの原因といいましても、考えられる原因は数多くあります。
単にしびれの症状が出ているからといって「これが原因です」ということはできないのです。

 

指や手足のしびれの原因となるものとして大きく二つのことが考えられます。

 

一つは脳の障害です。
脳梗塞や脳出血といった脳血管障害が考えられます。
しかし、これらの病気にかかった場合には、症状として指や手足のしびれが出ることがありますが、その後にはもっと重大な症状が出ることが考えられます。
それこそ命の危険もあるような病気なので、指や手足がしびれてそれが脳血管障害が原因であるならば、救急車にて病院に搬送しなければならない状況でしょう。

 

もう一つは脊椎の障害です。
脊椎とは背骨のことです。
人間の体には脊椎が通っており、その中に脊髄があり、そこから神経が張り巡らされています。
その脊椎に何らかの障害が発生すると、指や手足のしびれの原因になることがよくあります。

 

この脊椎に関連する病気というものが数多くあります。
脊椎は26個の骨が連結してできており、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨に分けられます。

 

この脊椎の各部分に障害が発生することによって指や手足のしびれの原因になります。
よく聞く病名としては、頚部椎間板ヘルニアや腰部椎間板ヘルニアといったものがあります。
このような指や手足のしびれの原因となる病気を理解するには、まず脊椎について理解を深めておく必要があるでしょう。


頚椎の障害による症状

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

頚椎の障害が起きて、感覚の異常や手や腕の運動機能に異常が発生するといった症状が出た場合には、神経根に障害を与えるような病気が原因であることが考えられます。
しかし、神経根に障害を与える病気ではなく、神経根自体が出ている脊髄に障害が発生している場合には、重大な症状へと発展してしまうこともあります。
よって以下のような症状が出た場合には、脊髄自体に障害が発生していることも考えられますので注意しましょう。

 

字を書くことが以前と比較して不自由になった

 

服を着る際にボタンを掛け外すことがうまくできなくなった

 

食事の際にお箸をうまく使用することができなくなった

 

ひもをうまく結ぶことができなくなった

 

裁縫の際に針で縫うことができなくなった

 

段差があるところでつまづきやすくなった

 

歩く際に速歩きをすることができなくなった

 

階段の上り下りが困難になった

 

おしっこが出にくくなった

 

おしっこの勢いがなくなった

 

おしっこが終わった後でもまだ残っているような感じがする

 

トイレに行ってもまたすぐに行きたくなる

 

尿漏れや失禁をしてしまった

 

このように手先の細かい作業の障害歩行の障害排尿の障害といった症状がでることがあります。

 

一般的に症状は首から手、脚、排尿の順番で現れるとされていますが、ただの肩こりと自分で判断してしまい重大な症状となるまで放置してしまっては、手術が必要となることや手術をしても正常に回復しないこともあり得ますので、心配に思ったら早めに医師に相談しましょう。

 

手すりにつかまりながらでも片足でケンケンができない場合や、両手でグーパーを10秒間繰り返して、その回数が20回以下しかできないような場合には頚椎部の脊髄に障害が発生しているかもしれません。


脊椎の病気が要因のしびれ 手・指・指先

手や指、指先といった場所にしびれや痛みといった症状が出た場合には、以下の病気が要因しているかもしれません。

 

頚椎症

頚椎症とは、頚椎と椎間板が変形したこと等によって脊髄等を圧迫することによって障害が起きる病気です。
この病気は、手や指のしびれや痛みの症状がでます。

 

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアも広義では頚椎症のひとつとされ、椎骨と椎骨の間にある椎間板が変性することにより、働きが弱くなる、骨が変形する、髄核が飛び出す等によって神経が圧迫を受け、様々な神経症状が現れることがある病気です。
この病気も、手や指のしびれや痛みの症状がでます。

 

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎後縦靭帯骨化症とは、背骨を支えている靭帯が、骨のように硬く厚くなってしまうことによって、様々な神経障害を引き起こす病気です。
この病気も、手や指のしびれや痛みの症状がでます。

 

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、胸郭出口である鎖骨と一番上の肋骨に間にある隙間が、狭くなることによってそこを通過する神経を圧迫することから神経障害を引き起こす病気です。
この病気は、腕から手にかけてしびれの症状がでます。

 

肘部管症候群

肘部管症候群は、肘関節の内側にある神経が骨の変形により圧迫されて神経障害を引き起こす病気です。
この病気は、薬指や小指にしびれの症状が出ます。

 

手根管症候群

手根管症候群は、手首のところにある神経のトンネルの中で、神経が圧迫されることにより神経障害を引き起こす病気です。
この病気は、中指から親指にかけて手のひら側にしびれの症状が出ます。