ようこそ! 「足や指先、手のしびれの原因とは」へ モバイルサイトはコチラ

しびれ等の診断 問診 その1

スポンサードリンク

しびれ等の診断 問診 その1
足のしびれや指先のしびれ、手のしびれ、腰痛等がある場合には、まず整形外科にて診断を受けることをオススメします。
診断とはどのようなことが行われるのか知っておいた方が、より適切な診断が行われると考えます。
よって、患者として知っておきたい診断の内容を紹介します。

サクロライト・DX(Mサイズ)
まず診断において一番重要なのが問診でしょう。
問診とは、現時点においてどのような体の状態なのかということと共に、患者の健康に関するこれまでの情報を明確にするものです。
よって、現在の症状だけでなく、今までにかかった病気、生活の状況、家族の病歴等様々なことを伝える必要があります。

問診において初めに行われるのが現在の症状について伝えることでしょう。
どのような症状が出ているかを正確に医師に伝えることが重要となります。

まずはしびれや痛みが発生している場所を伝えましょう。
それ以外にも現在は出ていないが以前は症状が出ていたなど、気になるところは全て伝えましょう。

そして症状が出ている各所において、どのような症状なのかを伝えます。
症状とはしびれなのか、痛みなのか、或いは両方発生しているのか・・・。

また、できるだけ具体的に伝えましょう。
「腰の奥がずっしりと重たいような感じがする」「右足の太ももの裏側がしびれて歩きにくい時がある」「しびれて物を落としてしまうことがある」「肘から手の小指にかけて電気が走ったような痛みとしびれがある」というようにできるだけ具体的に症状を伝えると医師も診断しやすくなります。

また、脊椎やその中の神経が原因であることが考えられますので、しびれや痛みという症状でなくても、便秘になった、トイレの回数が増えたなど直接関係のないように感じる症状であっても必ず伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク