ようこそ! 「足や指先、手のしびれの原因とは」へ モバイルサイトはコチラ

手足のしびれを甘くみないこと その2

スポンサードリンク

手足のしびれを甘くみないこと その2
手や指、指先、足にしびれの症状が出た場合、どうすればよいのでしょうか?
まず第一にいえることは、しびれの症状を甘くみないことです。

手や指、指先、足にしびれの症状が出た場合は、脳や神経系統に異常が発生したことが考えられます。
その症状が重く緊急を要する場合には、救急車での搬送が求められますが、症状がさほどでないと判断した場合には病院へ行きましょう。

ノイビタコンドロ 210T[第3類]
脳血管障害と比較すると緊急を要するものではありませんが、しびれの症状が出た場合、脊椎の病気であることも考えられます。

人間の体の脊椎の中には中枢神経である脊髄が通っています。
そして、脊髄から枝分かれした神経が体中に張り巡らされています。
よって、脊椎に病気が起きてしまうとしびれといた症状は広範囲に現れる可能性があります。

脊椎は、首の部分の頚椎、胸の部分の胸椎、腰の部分の腰椎、その下に仙骨、尾骨と続きます。
これらの部分に何らかの障害が起きると、周辺だけでなく様々な場所に症状が現れることがあります。
例えば頚椎に障害が起きたからといって首の周辺に症状が起きるだけとは限らず、手・指先といった場所に症状が現れることもあります。

頚椎の障害としては、頚椎ねんざやリウマチ性脊椎炎、破壊性脊椎症、頚椎椎間板ヘルニアなどがあり、腰椎の障害としては、腰椎症や腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症といった病気があります。

一時的な圧迫によるものや筋肉疲労によるものと思われる症状は、一過性のものであり自然と症状はなくなっていくものです。
しかし、症状が継続するような場合には脊椎の病気の可能性もありますので病院へ行くことをお勧めします。

スポンサードリンク