ようこそ! 「足や指先、手のしびれの原因とは」へ モバイルサイトはコチラ

しびれの治療方法 その3

スポンサードリンク

しびれの治療方法 その3
次の保存療法としては”神経ブロック”があります。
神経ブロックは、薬物療法で使用される消炎鎮痛剤を使用しても、痛みが治まらない場合に行われることが多い治療方法です。

サクロライト・EX(Lサイズ)
局所麻酔薬を神経に直接注射することによって、痛みを抑えるものです。
よって、この治療方法が痛みが相当ある場合に行われます。
数回の神経ブロックによって痛みから開放されることが一般的ですが、繰り返し神経ブロック治療を行っても痛みがなくならないこともあります。
このような場合には手術療法を含めた他の治療方法を検討する必要があるでしょう。

保存療法にてしびれや腰痛等の症状が改善されない場合には手術療法による治療を行うことになるかもしれません。
日常生活に支障があるような症状が出ている場合には必要な治療方法となるでしょう。

手術を行うことによって、脊椎に発生している障害、例えば椎間板が飛び出てしまっているので摘出する、脊椎内の神経を圧迫している椎弓を切除する、不安定となってしまった腰椎を元通りに固定するといったことを手術によって行うことにより治療を行います。

これらの保存療法や手術療法は医師の行う医療行為で、科学的な検証等によって確立されたものです。
しかし、しびれや腰痛等の治療方法としては医療機関にて行われるもののほかに、民間で行われる治療方法もあります。
例えば、カイロプラクティックやマッサージ、鍼灸といったものです。

注意が必要なこととして、これらの民間の治療方法は法律に伴う医療行為ではないということです。
よって民間の治療を受ける場合には、自己の責任において受けるようにしましょう。

スポンサードリンク