ようこそ! 「青汁のランキング~比較や効果、口コミ情報」へ

ファンケルの青汁の種類

スポンサードリンク

ファンケルの青汁の種類
ファンケルの青汁は大きく分けると粉末状のものと冷凍状のものがあります。
粉末状のものは、以下のものがあります。
青汁ランキング
・ケールまるごと搾り(粉末)
厚生労働省所轄の財産法人健康・体力づくり事業財団における健康日本21にて掲載されているように、緑黄色野菜は1日120グラム以上摂取が目標とされています。
ちなみに健康日本21とは、「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」の「趣旨」、「基本的な方向」、「目標」、「地域における運動の推進」などについて、その概要を解説するとともに各分野の数値目標を掲載しているものです。

搾りたての青汁をまるごと粉末にしたケールまるごと搾りは、粉末スティック1本で1日に必要とされる緑黄色野菜約120グラムを摂取することができるのです。
この120グラムとは、原材料であるケール生葉の使用料となっています。

この原材料であるケールは、ファンケルの契約農家におけるミネラル土壌にて育てられた国内産のケールとなっています。
このケールを100%使用して、まるごと粉末にしたものです。
粉末の青汁は飲んだ時にざらつきがある物もありますが、この商品にはありません。

価格は、90本入り(1箱30本)徳用3個セットが1万1300円で、30本入り(9.5グラム×30本)が4,200円となっています。

・青汁大豆ミックス(粉末)
青汁大豆ミックスは、青汁だけでなく大豆の栄養も摂ることができる商品です。
ビタミンとミネラルが豊富なケールと話題の成分を含む大豆を摂ることにより栄養価が高いだけでなく味もまろやかになり、更にオリゴ糖と食物繊維も摂れるのでおなかに優しい商品となっています。

価格は、90本入り(1箱30本)徳用3個セットが9,630円で、30本入り(11グラム×30本)が3,590円となっています。

・青汁粉末
青汁粉末は、1本で日本人が1食に必要とされる緑黄色野菜約40グラムを摂ることができる、さらっと飲みやすく続けやすい商品となっています。
この青汁には、カルシウムなどミネラルを吸収しやすくする植物性のツイントースが配合されています。

価格は、90本入り(1箱30本)徳用3個セットが7,612円で、30本入り(4.2グラム×30本)が2,835円となっています。

冷凍状のものには、スーパー青汁があります。

・スーパー青汁
スーパー青汁は、搾りたての新鮮な青汁を急速冷凍したもので、1袋で日本人が1日に必要とされる緑黄色野菜約120グラムを摂ることができる商品です。
この青汁には、カルシウムなどミネラルを吸収しやすくする植物性のツイントースが配合されています。

価格は、30袋入り(100グラム×30袋)が3,840円となっています。

スポンサードリンク